不動産売却の種類

「今より環境の良いエリアに住みたい」「広い家に住み替えたい」「家が老朽化した」「保有物件を整理して節税したい」など、不動産売却をおこなう目的はさまざまです。不動産売却は一生に一度あるかないかの経験ですから、満足できる取引をおこないたいものですね。不動産売却には、不動産会社に物件を買い取ってもらう「買取」と不動産会社が売主と買主の間に入って交渉をする「仲介」の2種類があります。「買取」の場合、不動産会社はどのように利益を得ているのでしょうか。

不動産会社は売主から買い取った物件を自分でリフォームや修理をして、売却価格に上乗せして転売し利益を得ています。そのため、万が一のリスク(買主が見つからない、思ったより低い金額で交渉される)などを考慮するため、一般的に「仲介」よりも安い金額で買い取ることになります。この方法は、買主を探す手間を省きたい人や安くなってもいいからすぐ現金化したい人に向いているでしょう。また最初「仲介」で売却を進めていてもなかなか買主が現れない場合に「買取」に切り替えるケースもあります。

しかし、購入資金を用意できる不動産会社でなければできないため、どこでもおこなっているわけではありません。一方、「仲介」は一般的に多くの不動産売却で用いられている方法ですから、新聞の折込広告や看板広告でも見かけることがあると思います。いくぶん手間と時間がかかりますから、待つ時間があり少しでも高く売りたい人に向いているでしょう。